薬剤師

薬剤師とは薬を扱うエキスパートです。病院の医師が診察して治療に必要な薬を処方しますが、その薬を作ったり患者に説明しながら手渡しているのが薬剤師です。薬の扱いは少しでも間違えると大変なことになります。人の生命に関わる大切な物を扱いますから、それなりの人材でなければならないのです。
薬剤師になるためには、大学の薬学部に入って勉強しなければなりません。大学で勉強する期間は六年間となり、医師が医学部の課程を修了するのと同じ年月を要します。
大学を卒業したからといって自動的になれるものでもなく、国家試験を受けて合格すると初めて薬剤師と呼ばれるようになります。国家試験にも色々ありますが、この場合難易度は相当難しくなっています。大学に通って勉強した方だけが国家試験の受験資格が与えられますが、それでも合格率は70%前後です。
実際の試験では物理、化学、生物、薬学理論等から問題が出されます。試験は二日間かけて実施されます。

http://xn--veku91hp8hpr8ampfk0o.net/

薬剤師であっても転職活動は簡単なものではありません。薬局も病院も少しでも良い人材を欲しがっています。良い印象を持ってもらえないと、希望の職場で採用されません。しかし、自身をどうアピールすれば良いのかわからない薬剤師の方は少なくありません。履歴書の書き方や面接の仕方など、基本的なことも意外と分からないものです。そこで薬剤の転職エージェントが役に立ちます。

エージェントがそれらの対策をしっかりと行ってくれるからです。この薬局ではどのような人材を欲しがっているのか、それを分かった上でアピールすべきポイントを教えてくれます。他にも求人の紹介から、採用後の待遇交渉などもやってくれます。エージェントを利用することで、採用の確率が大きく高まります。また、細かい情報も教えてくれます。その職場の環境や雰囲気なども把握しています。したがって、採用だけではなく、その後に転職者が後悔しないようなサポートをしてくれるのです。

http://xn----ny6a20juyql9qh18a.biz/

医療職の中でも特に売り手市場と言えるのが薬剤師、最近では調剤薬局が採用に力を入れており転職を希望する人も多いでしょう。その反面、病院の薬剤師は調剤薬局と比べると条件に劣り人材の確保に苦労している所も多いと聞いています。
薬剤師に限らず避けて通れない転職時の関門が「面接」、売り手市場で採用側は入職して欲しいが為に面接時に様々な美辞麗句をならべることもしばしば…仕事を決めるのは自分自身、できればその時の雰囲気には流されずに冷静に先を見据えて進路を決定したいものです。
さて、面接時のポイントですが資格とそれなりのスキルがありあなたの人間性が問題なければまず内定は出るでしょう。しかし内定に浮かれてはいけません。できればそこで一生働きたい、その為に雰囲気や条件などしっかり見極めて判断して下さい。
やはり雰囲気は大事ですね、これはそこで働く人の応対や表情など、人間関係の善し悪しの判断基準にしたいですね。
そして条件面、これは口頭ではなく書面にしてもらって確認するようにしましょう。いざ入職すると…なんてケースもあるようです。特に忙しい所は残業時間も前もって確認できると良いかもしれません。
転職は人生のターニングポイント、できるだけ不安を解消して前に進みたいですね。