転職したい薬剤師に送る面接のポイント

医療職の中でも特に売り手市場と言えるのが薬剤師、最近では調剤薬局が採用に力を入れており転職を希望する人も多いでしょう。その反面、病院の薬剤師は調剤薬局と比べると条件に劣り人材の確保に苦労している所も多いと聞いています。
薬剤師に限らず避けて通れない転職時の関門が「面接」、売り手市場で採用側は入職して欲しいが為に面接時に様々な美辞麗句をならべることもしばしば…仕事を決めるのは自分自身、できればその時の雰囲気には流されずに冷静に先を見据えて進路を決定したいものです。
さて、面接時のポイントですが資格とそれなりのスキルがありあなたの人間性が問題なければまず内定は出るでしょう。しかし内定に浮かれてはいけません。できればそこで一生働きたい、その為に雰囲気や条件などしっかり見極めて判断して下さい。
やはり雰囲気は大事ですね、これはそこで働く人の応対や表情など、人間関係の善し悪しの判断基準にしたいですね。
そして条件面、これは口頭ではなく書面にしてもらって確認するようにしましょう。いざ入職すると…なんてケースもあるようです。特に忙しい所は残業時間も前もって確認できると良いかもしれません。
転職は人生のターニングポイント、できるだけ不安を解消して前に進みたいですね。