薬剤師になるための国家試験の内容について

薬剤師とは薬を扱うエキスパートです。病院の医師が診察して治療に必要な薬を処方しますが、その薬を作ったり患者に説明しながら手渡しているのが薬剤師です。薬の扱いは少しでも間違えると大変なことになります。人の生命に関わる大切な物を扱いますから、それなりの人材でなければならないのです。
薬剤師になるためには、大学の薬学部に入って勉強しなければなりません。大学で勉強する期間は六年間となり、医師が医学部の課程を修了するのと同じ年月を要します。
大学を卒業したからといって自動的になれるものでもなく、国家試験を受けて合格すると初めて薬剤師と呼ばれるようになります。国家試験にも色々ありますが、この場合難易度は相当難しくなっています。大学に通って勉強した方だけが国家試験の受験資格が与えられますが、それでも合格率は70%前後です。
実際の試験では物理、化学、生物、薬学理論等から問題が出されます。試験は二日間かけて実施されます。

http://xn--veku91hp8hpr8ampfk0o.net/